発毛と育毛の違いとは?

発毛って何のことをいうの?

発毛とは、自分の髪の毛が生えてくることをいいます。自然の力と知恵を活かして健康的な自分自身の髪の毛をはやしていきます。発毛に大切なことはまず心と健康です。毛根はまず心と身体が健康であって初めて元気に活動します。したがって発毛は一朝一夕では行うことができません。体質改善や食事などをトータルでかえていき、ストレスやホルモンバランス、生活習慣などを整えていきます。そして、抜け毛や脱毛のさまざまな原因に対処していき根本的なものを予防、解決していかなくてはいけません。すぐに効果が実感できないことが多いため根気強く発毛に取り組む姿勢とやる気が必要となります。しかし、一度生活の正しいリズムを作ることができれば自分の本当の髪の毛を手に入れることができます。

では育毛とは何のことを言うの?

育毛は髪の毛を増やすわけではなく、今生えている髪を育てていくことを言います。では、髪を育てるとはどういうことなのでしょうか。それは、髪を太く、抜けにくくするということです。育毛をした方がいい人はすでに薄毛が進行しているだけではありません。薄毛になる前でも薄毛のサインが出ていれば育毛をした方が良いでしょう。そのサインとは、抜け毛の量が増えたり、長さが短い髪が抜けたり、抜け毛の毛根が黒いなどがあります。育毛をする髪になってしまう原因は栄養不足、頭皮の状態悪化などがあるためこれをバランスのとれた食生活や育毛剤を使うことによって改善していきます。育毛剤を使用すれば効果が早めに現れる人もいますので比較的早く効果を実感できる人もいます。